The 111st US Open Championship(全米オープン)

今年の全米オープンはメリーランド州のコングレッショナルCCで開催されます。弊社全米オープン観戦ツアーも本日、出発。
ウワサの多いコングレッショナルCCが一体どんなコースに生まれ変わったのか?と期待を膨らませて皆様出発していきました。

前回コングレッショナルCCが全米オープンの舞台になったのは1997年。ヨーロピアンツアーで一時代を築いたモンゴメリーを退けてアーニー・エルスが優勝した年です。
また1997年はタイガー・ウッズが初めてマスターズに優勝した年。続く全米をエルス、全英はJ・レナード、全米プロはD・ラブIIIと、すべて当時のタイトリストボール契約プロによる優勝、ということでカッコいいポスターが4枚入った特別エディションも発売された事が記憶に残っています。
コングレッショナルCCの一番大きな改造は、10番ホールのティインググラウンドとグリーンが逆になったこと、と多く報道がありますが、10番ホールを含め、現代ゴルフに合わせたコースの難易度だけの問題ではなく「より観客が楽しめる」コースに生まれ変わったのだと思います。

全米オープン開催の基準は2008年のトーリー・パインズGCでの開催以来、大きく変わってきているように感じます。
まずパブリックコースでも開催されるようになりましたし、観戦のしやすさ、観客数を多く取り込めるだけのキャパシティ(宿泊や都市圏からのアクセスのよさ含む)等も大きな要因になっているように読み取れます。
「オープンドクター」リース・ジョーンズによる改造にも、そのあたりが考慮され行われているのでしょう。

また興味深いのはこれから歴史を積み上げていくゴルフ場も開催地として決まっていることです。
2015年にはワシントンに2007年にオープンしたばかりの、R.T.ジョーンズJr.設計のチャンバーズベイで開催が決定しています。
2017年にはミルウォーキー郊外で、2006年に開場したエリンヒルズGCでの開催が決定。
エリンヒルズGCは、昨年の全米プロの際にプレイしましたが、フルバックからの景色は未知のモンスターコースでした。
内陸ですが、見た目はオーソドックスなリンクスタイプで延ばそうと思えば9000ヤード位まで距離を延ばせそう。「現代ゴルフに合わせた新しさ」と「クラシックさ」が同居した、荒々しさがあるコースです。


どちらのコースも、2010年、2011年の全米アマを開催し、いわば「テストマッチ」を行っています。
エリンヒルズGCに訪れてみて、USGAが見据える2017年が少しだけ見えた気がします。
全米オープンでUSGAの「今」を観に行くのも面白い観戦方法ではないでしょうか。来年はサンフランシスコに滞在するので、ペブルビーチでのプレイも同時に楽しめます。

全米オープン開催コース2011年~2019年まで
2011      Congressional Country Club, Blue Course      Bethesda, Maryland
2012     The Olympic Club, Lake Course     Daly City, California
2013     Merion Golf Club, East Course     Ardmore, Pennsylvania
2014     Pinehurst Resort, Course #2     Pinehurst, North Carolina
2015     Chambers Bay    University Place, Washington
2016     Oakmont Country Club     Oakmont, Pennsylvania
2017    Erin Hills GC    Erin, Wisconsin
2018    Shinnecock Hills Club    Southampton, New York
2019    Pebble Beach Golf Links Pebble Beach, California

 

Hikaru Yakushiji

投稿日:   作成者: yakushiji   カテゴリー: スタッフブログ

ウィスリングストレイツ – ストレイツコース

ウィスコンシン州はカナリお勧めのゴルフデスティネーションです。
シカゴから北へ約2時間半。そこに全米屈指のリゾートゴルフコースがあります。
ウィスリング・ストレイツがあるコーラーリゾートは全部で4コースがありますが、その全てが素晴らしい。
中でもストレイツコースは、2010年の全米プロの舞台として有名です。
中継でコースを見た方も多いと思いますが、ご覧の通り、ものすごいバンカーの数。1200~1500程のバンカーがあるそうですが、数える人によって数が違うらしく、正確な数は解りません。
小さいものはゾウの足跡程しかないです。


殆どのバンカーはコースなりに打っていくとインプレイではありません。多くのコースであれば、OBゾーンのような場所に多数のバンカーが密集しています。
元々陸軍の滑走路跡だったミシガン湖沿いのこの土地。ピート・ダイ好きのコーラー社の社長、ハーブ・コーラー氏が同設計家に依頼し、1998年に開場しました。
波打たない、五大湖沿いに出来たリンクス。
こんなバンカーばっかりのコースでのメジャー開催ですから、観戦は楽ではありませんでした。観客はバンカーを避けながら、否、バンカー内を歩きながらリンクスタイプのコースを移動します。
観戦をしているときは「これは大変なゴルフ場に来てしまった」。しかし、いざプレイしてみると、非常にプレイしやすいコースでびっくりしました。
ピート・ダイ特有のダイナミックさを表現しながら、リンクススタイルの「自然さ」を絶妙に残しているコースです。

ふかふかのフェアウェイからピート式グリーンを狙うセカンドは快感。
2010年のダスティン・ジョンソンの2打罰事件以来、観光名所も出来ました。悲劇のダスティン・バンカー。通常のプレイでは、普通にバンカーに見えます。ピート・ダイのこだわりとPGAのルーリング、なによりダスティンの不注意が生んだ悲劇のドラマの舞台に訪れてみて下さい。

Hikaru Yakushiji

投稿日:   作成者: yakushiji   カテゴリー: スタッフブログ

ペリカン・ヒルGC

アメリカ西海岸の代表的なゴルフリゾートと言えばペブルビーチリゾートですが、ロサンゼルス近郊にもペブルに匹敵するゴルフリゾートがあります。
ロサンゼルス国際空港から車で約50分に位置するニューポートビーチの、リゾート・アット・ペリカンヒルがそこ。
元々1993年に開場したT・ファジオ設計のペリカンヒルGC・オーシャンサウスコースとオーシャンノースコースがあり、その近隣に高級邸宅が立ち並ぶリッチエリアでしたが、
2008年にバンガローと呼ばれる戸建コンドミニアムがオープンし、2つのゴルフ場を持つ5つ星のトータルゴルフリゾートになりました。
ペリカンヒルGCはそのバンガローの新設と同時期に改装を行っており、2008年にリニューアルオープン。海が絡むホールがよりドラマチックに改装されています。
T・ファジオのコースは、崖越えのパー4をオールキャリーのフェードで攻めるのがベストルート、みたいな主旨のホールが名物ホールになるコースが多いと個人的には思いますが、このコースもまさにそんな感じ。
太平洋に沈みかける太陽の眩しさが清々しい!アスリートゴルファーも、リゾートゴルファーも楽しめるコース。
2010年の年末年始にツアーで行きましたが、ロサンゼルスに行って、このコースを素通りして帰るのは実に勿体ないコースであることを確認して参りましたので、次のロス滞在の際には、是非一度。


 

Hikaru Yakushiji

投稿日:   作成者: yakushiji   カテゴリー: スタッフブログ

エクストリーム19番ホール

ヨハネスブルグから北へ300km。南アフリカNo.1ゴルフリゾートとの呼び名も高い、Legend Golf & Safari Resortがあります。
アフリカは南アフリカ、ケニアを筆頭に”Golf & Safari”をテーマにゴルフデスティネーション開発が近年盛んです。
雄大な地を活用したゴルフ場にはアフリカならではの動物たちがグリーンを横切ることもしばしば。ゴルフをプレイするだけで、他には無い文化体験が得られます。
Legend Golf & Safari Resortは、現代のトッププロ18名が各1ホールずつ設計を担当。
設計したホールを見てみると、彼らが得意とするコーススタイルが浮き彫りになって納得。
雄大な土地でトッププロ18名が設計したコースでラウンド。それだけでも十分魅力的なのですが、何といってもこのリゾートのウリは
エクストリーム19番ホールです。430mの断崖絶壁からのティ―ショットで、361m先のアフリカ型グリーンを狙います。高低差の計算から、280m(約306ヤード)のティーショットを打つイメージでグリーンオンするそうです。
この世界一の打ち下ろしホールでホールインワンを達成すると100万ドルの賞金が貰えます。

Hikaru Yakushiji

投稿日:   作成者: yakushiji   カテゴリー: スタッフブログ

Golf in Turkey

トルコ・アンタルア
ヨーロッパのゴルフツーリストに今、人気沸騰中のゴルフデスティネーションはトルコなんです。
トルコには、ゴルフ場が15コースしかありません。

イスタンブールエリアには4コースありますが、その殆どはは地元のメンバーによるプレイ。
一方、リゾート地アンタルアにある11コースは、その97%がメンバー以外によるプレイ。主に外国からの旅行者がラウンドしています。
アンタルアがヨーロッパの優良ゴルフリゾート地としての地位を築き始めたのは1994年のNATIONAL GOLF CLUB開場以降。2000年には英ゴルフワールド誌ヨーロッパ大陸のゴルフコース第42位に選ばれる等、次第にアンタリアのゴルフはヨーロッパに浸透していきました。
NATIONAL GOLF CLUBを筆頭とするゴルフ場・リゾートの成功を受け、トルコはゴルフ観光を観光産業の支柱として近年、ゴルフリゾート開発やプロモーションに力をいれています。2012年には世界アマチュア選手権も誘致し、対外プロモーションはもちろん、自国のゴルフ振興にも繋げるべく活動しています。

そんなアンタルアのゴルフ場の設計は、C・モンゴメリー、ペリー・ダイ、N・ファルド等、ポストニクラウス、ピート・ダイの期待がかかる新鋭設計家です。
中でも面白そうなのが、全英5タイムチャンピオン、ピーター・トムソンの設計チーム、Thomson Perrett & Lobb設計のCarya Golf Clubです。高いユーカリの木と松、荒々しいバンカーデザインが、ゴルファーの「このコースを何とかしてやろう」という挑戦意欲を掻き立てます。

Hikaru Yakushiji

投稿日:   作成者: yakushiji   カテゴリー: スタッフブログ