北国のゴルフミュージアム PART2 歴史と伝統の名コースの数々

otaru_01muroran_01
左:小樽カントリー倶楽部(銭函コース)
右:室蘭ゴルフ倶楽部  ALL Photos by T.SHIMAZU

 北海道のゴルフの歴史は73年前に遡る。日本海の荒波が押し寄せ、はるかスコットランドを彷彿とさせる銭函海岸に、昭和3年フロンティア精神溢れる弱冠39才の三菱マン佐藤棟造が9H 2,250Yの小樽CC(旧コース)を開場させて以来、赤星四郎設計の函館ゴルフ倶楽部、昭和4年室蘭ゴルフ倶楽部(イタンキコース)、昭和7年には川奈GCを設計した大谷光明の月寒リンクスなどが開場、北海道ゴルフの歴史が始まった。              

 昭和30年代の高度成長時代に入って、時の名匠井上誠一、上田治が相次いで来道、昭和48年から全日空オープンの開催されている札幌ゴルフ倶楽部(輪厚コース/昭和38年)(由仁コース/昭和49年)樽前カントリークラブ(上田治本道唯一のコース/昭和37年)などが開場、第1次ゴルフブーム時代が到来した。

 小樽CCでは旧コースに隣接して昭和49年安田幸吉設計の新コース18H 6,429Y P72がオープン、昭和53年には創立50周年の日本プロゴルフ選手権(小林富士夫7アンダー)が、平成2年(雪虫の舞う中 ジャンボと激闘、中島常幸2アンダー)と平成11年(尾崎直道 嵐の11オーバー/この年のTV視聴率NO.1の大会となった)には日本オープンゴルフ選手権が開催されたのはご承知の通りである。余談になるがコースの近くにメンバーであった「石原裕次郎記念館」があるので興味のある方は是非立ち寄って欲しい。彼の愛用した傷だらけのパーシモンとスチールシャフトが往時を偲ばせ、旅の思い出を創ってくれる。

9月27日から日本女子オープンが開催される室蘭ゴルフ倶楽部(白鳥コース 昭和40年開場)も欠かせない。札幌市内から遠いので(車で約2時間)知名度こそ低いが、井上誠一ファンならず共、是非一度ラウンドして頂きたいコースのひとつ。開場後一切改造をしていないにも拘らず現在の道具の飛距離をもってしても難攻不落。ティーインググランドの高低差と自然の樹木を巧みに配して、玉筋の打ち分けを微妙に要求する技法が見事だ。

 いずれのコースも北海道特有の松林でセパレートされ、ケンタッキーブルーグラスのフェアウェイとベントグリーンで名匠の描いた日本庭園の造形美、陰影を存分味わえる。旅にもご飯と味噌汁が欠かせない和食通に打って付けのコースです。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

北国のゴルフミュージアム PART 1 涼風そよぐ北海道

ritham_01classic_01

左:ロイヤルリザムセントアンズ
右:北海道クラシックゴルフクラブ
ALL Photos by T.SHIMAZU

ことしの夏はどうやら猛暑の当り年、梅雨明け前から全国的に35゜Cを越える毎日が続いていたところに、はるかスコットランド全英オープンの会場から届けられる青木プロや羽川プロの?寒い??涼しい?を連発するレポート。

「やっぱり行くべきだったかな?」とちょっぴり後悔しながら、でも思い直して‘95年に≪ロイヤルリザムセントアンズ≫のクラブハウスで食べたクラムチャウダーとターキーサンドの味を思い出しながらこの原稿を書いています。
どうやら残暑も厳しくなりそうなので、今月は急拠予定を変更して手軽に味わえる涼風ゴルフ、我が郷土・北海道ゴルフの楽しみ方を紹介してみたいと思います。これからという方のコース選びの参考になれば幸いです

北海道には約170コースが現存するが、なかでも千歳空港周辺には‘86年以降だけでも車で40分圏内に約20コースが開場、≪青空と白樺の広大な大地にゴルフコースは良く似合う≫井上誠一、上田治、J.ニクラス、R.T.ジョーンズJrと和洋を代表する設計者達が数々の名画を描いて、まさに北国のゴルフミュージアム。マートルビーチやパームスプリングスを想起させる、世界でも有数のゴルフリゾートであるといっても過言ではありません。

それに北海道のコースのほとんどは、午前・午後の18ホールスループレーのグローバル基準なので1日が有効に使える。世界最大の輸送人員(1日約2万人/年間800万人)を誇る羽田~千歳間の航空便をうまく利用して1.5Rの日帰りプレーや2日間3.0Rなど、都会の渋滞にイライラすることもなく自在なスケジュール組めるのも魅力です。

9月に入ると各社のツアーも一段とリーズナブルになるので、肴も格別の秋、この際思い切って北国を代表する名コースの数々を堪能して頂きたいものです。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ