北国のゴルフミュージアム PART2 歴史と伝統の名コースの数々

otaru_01muroran_01
左:小樽カントリー倶楽部(銭函コース)
右:室蘭ゴルフ倶楽部  ALL Photos by T.SHIMAZU

 北海道のゴルフの歴史は73年前に遡る。日本海の荒波が押し寄せ、はるかスコットランドを彷彿とさせる銭函海岸に、昭和3年フロンティア精神溢れる弱冠39才の三菱マン佐藤棟造が9H 2,250Yの小樽CC(旧コース)を開場させて以来、赤星四郎設計の函館ゴルフ倶楽部、昭和4年室蘭ゴルフ倶楽部(イタンキコース)、昭和7年には川奈GCを設計した大谷光明の月寒リンクスなどが開場、北海道ゴルフの歴史が始まった。              

 昭和30年代の高度成長時代に入って、時の名匠井上誠一、上田治が相次いで来道、昭和48年から全日空オープンの開催されている札幌ゴルフ倶楽部(輪厚コース/昭和38年)(由仁コース/昭和49年)樽前カントリークラブ(上田治本道唯一のコース/昭和37年)などが開場、第1次ゴルフブーム時代が到来した。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

北国のゴルフミュージアム PART 1 涼風そよぐ北海道

ritham_01classic_01

左:ロイヤルリザムセントアンズ
右:北海道クラシックゴルフクラブ
ALL Photos by T.SHIMAZU

ことしの夏はどうやら猛暑の当り年、梅雨明け前から全国的に35゜Cを越える毎日が続いていたところに、はるかスコットランド全英オープンの会場から届けられる青木プロや羽川プロの?寒い??涼しい?を連発するレポート。

「やっぱり行くべきだったかな?」とちょっぴり後悔しながら、でも思い直して‘95年に≪ロイヤルリザムセントアンズ≫のクラブハウスで食べたクラムチャウダーとターキーサンドの味を思い出しながらこの原稿を書いています。
どうやら残暑も厳しくなりそうなので、今月は急拠予定を変更して手軽に味わえる涼風ゴルフ、我が郷土・北海道ゴルフの楽しみ方を紹介してみたいと思います。これからという方のコース選びの参考になれば幸いです。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ