ビンタン島とシンガポール PART1 「南の島に世界のスーパースターが勢揃い!」

bintan_01 bintan_02 bintan_03 bintan_04 bintan_05

1枚目:ビンタンラグーン イアンベーカーフィンチ・ウッドランドコース(18H/6,217M/P72/’96年開場)
2枚目:ビンタンラグーン J.二クラス・シービューコースNO.9ホール(18H/6,532M/P72/’96年開場)
3枚目:ビンタンラグーン J.二クラス・シービューコースNO.12ホール
4枚目:ビンタンラグーンリゾート・ホテルセドナのロビー
5枚目:今回のゴルフ探検隊メンバーとインドネシアンのキャディー
ALL Photos by T.SHIMAZU

成田・関空・名古屋・福岡・広島など日本各地の空港から各社のダイレクト便で6~7時間のシンガポール。世界のベストエアポートに選ばれたこともあるチャンギ国際空港から美しい街並を抜けて10分、タナメラフェリーターミナルに到着する。凪のシンガポール海峡を1日に5~7往復、300人乗りの高速フェリーで45分も乗るともうそこはインドネシア領ビンタン島だ。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

ゴルフ王国 マレーシア PART3 スーパーゴルフリゾート「ボルネオ」

malaysia_09malaysia_10
malaysia_11malaysia_12

1枚目:空港から車で10分、広大なステラハーバーリゾートの全景 / 2枚目:ステラハーバーゴルフ&CC 27H P108(G.マシュー設計、’97年開場)
3枚目:ダリットベイゴルフ&CC 18H 6,904Y P72(G.パースロー設計,’99年開場) / 4枚目:ゴルフネットワーク「ゴルフの旅/ボルネオ編」収録中の黒田アーサーさん
ALL Photos by T.SHIMAZU

成田から月・木、週2便就航のマレーシア航空直行便で約6時間、マレーシアはサバ州・コタキナバル空港に到着する。サバ州は世界で3番目に大きい島「ボルネオ島」の最北部に位置し、ブルネイ王国に国境を接している。19世紀後半からの英国の植民地支配を経て1963年連邦成立と同時に併合された。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ