マスターズ明け初戦の松山英樹は54位T発進 J・スピースが首位T、小平智は34位T

<AT&Tバイロン・ネルソン初日◇13日◇TPCクレイグランチ(テキサス州)◇7468ヤード・パー72>
米国男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン」は初日の競技が終了。優勝した「マスターズ」以来のトーナメントとなる松山英樹は5バーディ・1ボギーの「68」でラウンド。4アンダー・54位タイで最初の18ホールを終えた。先週の「ウェルズ・ファーゴ選手権」で今季自己ベストの11位タイに入った小平智は、6バーディ・1ボギーの「67」と5アンダー・34位タイで初日を終えている。
現在のトップは9アンダーまで伸ばしているJ.J.スポーンとジョーダン・スピース(ともに米国)。1打差の3位タイにラファ・カブレラ・ベロ(スペイン)、アーロン・ワイズ、ドック・レドマン、ジョセフ・ブラムレット(いずれも米国)が続いている。

21.5.14
出典:ゴルフ情報ALBA.Net

投稿日:   作成者: js  

米CDC、ワクチン接種完了でマスク着用不要と発表

アメリカで13日、新型コロナウイルスのワクチンの接種を完了した人は原則としてマスク着用は必要ないという新たなガイドラインが発表され、バイデン大統領は国民にワクチン接種を改めて呼びかけました。
「CDCは数時間前、ワクチン接種を完了した人に対しては、マスクの着用を推奨する必要はないと発表しました。これは屋内でも屋外でも当てはまります」(アメリカ バイデン大統領)
アメリカのCDC=疾病対策センターは13日、新型コロナウイルスに関する新たなガイドラインについて、ワクチンの接種を完了した人は原則としてマスクの着用は必要なく、他人とのソーシャル・ディスタンスも取らなくて良いと発表しました。
これを受け、バイデン大統領は「アメリカにとって素晴らしい日だ」と歓迎したうえで、国民に対し、ワクチンの接種を積極的に受けるよう改めて呼びかけました。

21.5.14
出典:TBSニュース

投稿日:   作成者: js  

英イングランド、コロナ死者数ゼロに ワクチン接種戦略で成功

英イングランドで5月10日、昨年7月以降初めて、新型コロナウイルス感染による死者の報告件数がゼロとなった。
英国公衆衛生庁(PHE)が新型コロナウイルスに関連して公開しているデータによると、イングランドで死亡が報告されたコロナ感染者(過去28日以内に感染を確認)は同日午後の時点で11万2245人となっており、前日から更新されていない(日本時間11日正午の時点でも同様)。 また、スコットランドと北アイルランドでも同日、感染者の死亡は報告されていなかった。長期にわたって実施してきたロックダウン(都市封鎖)措置の段階的な解除を進める同国にとって、10日はひとつの前向きな節目になったといえる。 ただ、ウェールズでは10日、新たに死者4人が報告された。パンデミック発生以降の英国全体でのコロナ感染による死者数は、累計12万7609人となっている。
ハグも「許可」 ボリス・ジョンソン英首相は10日、イングランドのロックダウン緩和措置についての新たな方針を発表した。流行は続いているものの、感染が急激に拡大している状況にはないと判断し、警戒レベルを4から3に引き下げる。
新たな警戒態勢の下、イングランドでは17日から、友人や家族と屋内で集まることが可能になり、「ハグをすることも許可」されるようになる。一緒にパブやレストランの店内で飲食できるようになるほか、映画館や美術館、劇場の営業が再開される。
今年1月のピーク時には1日の新規感染者数がおよそ7万人に達していた英国だが、その数は4月中旬以降、2000人を下回る日も出てきていた。
ワクチン接種戦略において最大の成功を収めた国の一つとされる英国では、すでに居住者の4分の1以上が2回の接種を完了しており、半数以上が1回目の接種を終えている。

21.5.11
出典;Forbes JAPAN

投稿日:   作成者: js  

「マスターズ」逃したファウラー ウッズとテレビ観戦していた

◇米国男子◇ウェルズファーゴ選手権 初日(6日)◇クエイルホロークラブ(ノースカロライナ州)◇7521yd(パー71)
リッキー・ファウラーが4月のメジャー「マスターズ」(ジョージア州・オーガスタナショナルGC )の際、フロリダ州のタイガー・ウッズの自宅に赴き、一緒にテレビ観戦したことを明かした。成績不振が続くファウラーは出場資格を得られずに10大会続けていたオーガスタ行きを逃し、2月に自動車事故で重傷を負ったウッズは参戦を見送っていた。
5週ぶりの実戦となった「ウェルズファーゴ選手権」初日を1アンダー35位で発進し、記者会見で語った。
観戦したのは、松山英樹が2位で発進した4月8日(木)の大会初日。ファウラーはテレビを見ながら、ウッズとコースについて話したという。「オーガスタがいかに速くて硬く、微妙なラインに仕上げられているかを見ることができた」と振り返り、「あんなに硬くて速いオーガスタはめったに見られないから、そこでプレーしていないことを僕たちは2人とも疑いなく、とても残念に感じていた」と吐露した。
この時期はウッズが退院後に初めて写真をSNSに投稿する前だったが、ファウラーは「早い段階では炎症のため足を上げないといけなかったので松葉づえではあまり歩けなかったが、自宅に行ったときは動き回っていた」と回復の様子を説明。ウッズのクラブセットはリビングルームに置かれていたという。

21.5.7
出典:ゴルフダイジェスト・オンライン

投稿日:   作成者: js  

女子ゴルフ アース・モンダミン杯は有観客開催へ 練習日も公開

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)と大会主催者は7日、国内女子ツアー、アース・モンダミン・カップ(6月24~27日、千葉・カメリアヒルズCC)を有観客で開催する準備を進めていると発表した。
一日5000人を予定しているが、新型コロナウイルスの感染状況によっては変更する場合があるとしている。また、公式練習(同22、23日)も一日限定1000人でギャラリーに公開する。いずれも会場での当日券販売はなく、大会公式ホームページで今月10日正午から発売される。
今年の有観客開催は初戦のダイキン・オーキッド・レディース(3月4~7日、沖縄・琉球GC)、アクサ・レディース(同26~28日、宮崎・UMKCC)、フジサンケイ・レディース(4月23~25日、静岡・川奈ホテルGC富士)に続き4戦目となる。

21.5.7
出典:デイリースポーツ

投稿日:   作成者: js