ビンタン島とシンガポール PART3 大人のテーマパーク・シンガポール

bintan_10bintan_13
bintan_11bintan_12

1枚目:’97年橋龍、ゴー・チョクトン首脳会談の行われたセントーサGCのクラブハウス
2枚目:はるかケーブルカーを望む セントーサGC セラポンコース
3枚目:今回の探検隊メンバー(JSアジア・欧州担当加藤三男/右端)
4枚目:夜景の美しいリバーサイドレストラン街「ボートキー」
ALL Photos by T.SHIMAZU

 1965年建国のシンガポールは人口280万人、淡路島ほどの国土に約20のゴルフコース、一時の勢いは失ったとはいえ、年率9%の奇跡の高度成長を続けたASEANの超優良国シンガポールのゴルフはまだまだ隆盛・栄華を誇っている。

 1904年開場のKEPPEL GOLF CLUB(18H 5,879M P72)や日本人にもおなじみの名門SICC(SINGAPOLE ISLAND COUNTRY CLUB 72H 1963開場)、それに`92年まではフェリーかケーブルカーで島まで渡っていたSENTONA GOLF CLUB(36H RONALD FREAM / FRANK PENNICK設計)など、会員権も高く日本円に換算すると700~1,300万円はする、それでもピーク時の半値だそうだ。

 この国では経済が減速するとゴルフ場は混むらしい。どうやらヒマが出来て一日中遊んでも無料(カート代のみ)のメンバーが大勢押し寄せるからだという。羨ましい限り、プレーの度に諸費用や利用税など小1万円もかかる金満日本ゴルフの、世界にも例を見ない預託金制会員権システムを思い出したら悲しくなってしまった。

 シンガポールは旅のビジターにはまだまだ狭き門だが、少しずつ事情は変わってきている。昨年シンガポールオープン(優勝 VIJAY SHIN)が開催されたLAGUNA NATIONAL GOLF CLUB(36H PETE DYE設計`93年開場)や、今年度からSENTOSA GC SERAPONG COURSE (18H 6,493M P72)も、再びロナルド・フリームの手により近代的に改装され、`93年に30億円をかけて大改造されたTANJONG COURSE(18H 6,420M P72)共々36ホールが美しく仕上がっていた。

 街並も美しい、片側3~4車線のメインストリートや高速道路沿いには、樹齢40~50年のFLAME OF THE FORESTやRAIN TREEと呼ばれる、高さ10~15Mの無数の樹木が道路に覆い被さるように整然と植栽され景観を彩っている。

高額の関税(1,800CCの日本車がナント600万円!)でモータリゼーションを抑制しながら狭い国土の交通インフラを整え、一年中恵まれた気候を利用して街中の至る所に「緑のトンネル」を作って光合成でCO2から都市環境を守る。こんな奇跡のインフラ整備は新興国家の成せる技ながら、イギリスの名門ケンブリッジ大を首席で卒業し、30年に渡って国家をリードし続けたリー・クァン・ユー前首相の偉大な功績のひとつなのだろう。

 伊勢丹や高島屋が並ぶ有名なオーチャード通りのショッピングも楽しい。シンガポール$≒70円のブランドショップが軒を連ね国際商業都市の賑わいを見せている。

 スモーキング派の食事なら、再開発地区のリバーサイド・オープンエアレストラン街が嬉しい。クラークキーやボートキー、それにシーフードレストラン街など高層ビルの美しい夜景を見ながら、リーズナブルに世界中の料理を満喫したい。

 ビンタン島の大自然で南の島のスーパースターに挑戦の後は、超近代的な都市国家・シンガポールの1泊がおすすめ。ホテルから20~30分、繁栄の象徴シンガポール港を見渡すアーバンリゾートゴルフと洒落てみたいものです。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

パームスプリングス編PART1 OAK VALLEY GOLF CLUB

9月11日米国同時多発テロ事件発生。そしてアフガニスタンへの空爆開始。アメリカIT神話の崩壊。株価の暴落・・・。毎日TVや新聞から繰り返される不況のニュースが聞こえる昨今、僕達は立ち上がった。これから寒い冬を迎える日本のゴルフ事情はバックスイングもままならぬ様、モコモコのセーターを幾重に纏ってのラウンド。とても爽快とは程遠い有様。南国の緑鮮やかなフェアウェイを颯爽とラウンドする日を夢見て”冬眠”なんて絶対イヤだ!僕達はそんなゴルファーの為に海外からのホットな情報をお届けしていきます。

11月24日(土) 成田からノースウエスト航空(なんと満席!)にて9時間半のフライトにのり、ロサンゼルス空港に到着。STARBACKS COFFEEをすすりながらニコチン吸入後、一行はハーツレンタカーへ。これから4日間をともにするシルバーメタリックのフォード・ウィンドスターに乗り込みHWY10を東へ2時間。パームスプリングスの一歩手前の町・BEAUMONTにあるOAK VALLEY GOLF CLUB(91年開場 Lee Schmidt設計)に到着。過去USオープンの予選会が開催されたコースでバックティーからのコースレート74.0/スロープレート138の難関コースが僕達のファーストラウンドとなった。1番・2番と距離のないPAR4は左右のバンカーを避けながらの比較的やさしい出だしホール。3番のPAR3は高低差50Mほどを打ち下ろす名物ホール。一同大タタキする事もなく無事4番まで終了し、まわりの借景を楽しむ余裕もあった。しかしここからが本番といわんばかりに5番以降コースが牙を剥く。5番(581Y PAR5)ティーイングランドからピンが一望できる緩やかな右ドッグレッグホールはティーショットから完璧なショットが要求される、7番(474Y PAR4)は到底2オンなど考えられずレイアップした後、3打目もグリーン左の谷越えショットとなり、とてもスリリングだ。

INに入ると更に難易度がアップしブッシュ・谷・マウンドに加え池が登場する。しかし朝からの曇り空が更に暗くなり鉛色の雲からポツポツと雨が落ちてきた。年間降水日数が一桁の砂漠地帯に、よりによって雨が降るなんて、嘆きながらホールアウト寸前でサスペンデットとなった。

ホテルに帰り、明日の天気予報は晴れ(と強風)を確認し少しほっとする。びしょ濡れになったHAWK EYEとWILLSON STAFFを拭きながら明日のラウンドを思い浮かべ早めに消灯した。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

ビンタン島とシンガポール PART2 ゲーリー・プレーヤーとリア・ビンタンゴルフクラブ

bintan_06bintan_07
bintan_08bintan_09

1枚目:南海のゴルフミューアム オーシャンブルーNO.1ホール(507M/PAR5)
2枚目:オーシャンブルー NO.7ホール(473M/PAR5)
3枚目:緊張のセカンド!オーシャンブルー NO.8ホール
4枚目:名画との戯れ…。オーシャンブルー NO.9ホール
ALL Photos by T.SHIMAZU

 南の島のスーパースターに挑戦の3人目はG.プレーヤー。シンガポール資本の第三セクター・Keppel Land co.が海岸線の丘陵地にゆったりと展開する、オーシャンブルー・オーシャングリーン・フォレストの各9ホールからなるRIA BINTAN GOLF CLUB(27H 9,323M P108 ‘98年開場)は、とても美しく仕上げられていた。
 
 ケッペルランドは中国は雲南省昆明のSPRING CITY RESORTで、J.ニクラスとR.T.
ジョーンズJrをマウンテンコースとレイクコースに擁して、見事な36ホールを完成させている実績(‘99 USゴルフダイジェスト誌アジアNO.1コース)を誇るが、アジアゴルフマンスリー誌2000大賞受賞のここリア・ビンタンも南海の自然と人工美を美しく調和させた魅惑の27ホールであった。

 バミューダーグリーンやゼブラカットのフェアウェイコンディションも抜群、プレーヤー得意の無数の深いバンカー(FORTRESS BANKER)は、まるでハサミで角刈りにしたかの如くエッジがシャープにカットされ真白い砂とのコントラストが鮮やか、日本でも滅多に見られない光景だ。
 
大きな池のハザードが連続するオーシャン・ブルーコース、7番ホールからビーチ沿いにメモリアルホールが続く。BLACK TEEから362M(396Y)の8番ホールは230~250Y付近で左に直角にドックレッグ、高低差14Mの海風が舞う半島の如く海に突き出た小さなグリーンめざして、左足下がりのアプローチショットの緊張感がたまらない。トップボールのグリーンオーバーはほとんど白波の餌食となる…。
ティーショットからのクラブ選択とショットメーキングがシビアに試されるアジアのベストPAR4ホール(前述アジアゴルフマンスリー2000)のひとつだ。

 9番ホールは海越えのPAR3、ハワイ島のマウナラニサウスコースNO.15やグアム・マンギラオのNO.12を超えるBLACK TEEから152M(166Y)の美しいホール。

「ショットとは、設計家の描いた<未完のキャンバス>に四次元の白い弾道の軌跡を描いて、作品を完成させる作業である。」

ある著名なゴルフエッセイストの言葉を思い出した。

 数多くの名画が掲げられた南海のゴルフミュージアム・リアビンタンGC、高く低く右から左から、それぞれの感性を総動員して自在に絵筆(!)を走らせてみたいものです。

 国家・民族・文化・宗教を超えてゴルフは相互理解の世界共通語。
 
 南ア出身のゲーリーの美学とチャイニーズ・マレー・インドネシアンの混成チーム、ケッペルランド・スタッフのコース造りの情熱に感動。南シナ海の白波と青く澄んだ湖面に南国の太陽がまぶしく輝いていた。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ