ゴルフ王国 マレーシア PART2 SEE THE WORLD THROUGH GOLF

malaysia_05 malaysia_06 malaysia_07

1枚目:マレーシア・サバゴルフ協会会長 ポールブーン氏(中央)
2枚目:TV番組出演中の松井利樹プロと中華の鉄人・陳建一氏とともに…
3枚目:ポール・ブーン氏はボルネオゴルフ&CCオーナーでもある。
ALL Photos by T.SHIMAZU

それにしても日曜日のタイガーは凄かった。

もちろん世界24カ国からの精鋭が集まった、ワールドカップ最終日15番からの「奇跡の4ホール」のことである。

3連続バーディーは巷間言われる集中力やゾーンで説明出来なくもないが、最終ホールのチップインイーグルだけはとても人間業とは思えない。法面のワンクッションもTVの解説では狙っていた所に…と言っていたが、実際は思ったより低く飛び出したのであろう。VTRをスローで繰り返して見てみたが、彼が事前にマークした地点より30~40CMは手前にファーストバウンド、低く弾けたボールはカラーに軟着陸の2バウンド目でスリップ、その後の転がりはまるで予め敷かれていたレールを滑走するかのごとくカップに吸い込まれてしまった。

あのラフとグリーン面の複雑な摩擦と傾斜をいくらタイガーといえども正確に計算してショットすることは到底不可能、あれは明らかに人智を超越したエネルギーの仕業である。西暦943年刊行、中国は南唐の「史書」の中に出てくる捶丸(ツイワン)から起算するとナント一千年以上にも渡って、それも世界中で人間がゴルフをし続けている所以である、と思った。

チームワーク良く実力通りの力を発揮して優勝した全米オープン覇者コンビ、エルスとグーセンには申し訳ないが、今回のプレーオフはもうおまけみたいなもの。あの4ホールのタイガーこそ「ゴルフの神様」が日本の熱烈なゴルフファンに遺した使者であり、あのチップインイーグルこそ大ギャラリーと多くの視聴者に、「人生にゴルフのある幸せ」を改めて確信させてくれた素敵な贈り物であったに違いない。

せっかく新たな希望を抱いて21世紀がスタートしたばかりだというのに、この2ヶ月間というもの、アメリカから押し寄せる前世紀と相も変わらぬ人間の愚行の話題ばかり。失望と悲嘆に暮れていた私達にとって「ゴルフの神様」は、人類と地球の未来についてまたちょっと夢を繋いでくれました。

「戦争の一番の原因は経済発展の地域格差であり、二番目の問題は宗教だ。マレーシアの国教はイスラム教であるが、仏教、キリスト教、ヒンズー教、それぞれ互いの宗教を尊重して平和に共存している。」

「日本人は家に仏壇を置いて死者は寺で弔い、正月は神社に参拝し、結婚式は教会を好む。たぶんこんな特異な宗教観を社会システムに組み込んでいる国は、世界で唯一日本だけだろう。」

「マレーシアでも襟の付いたシャツ着用義務のコースは数多い。しかしそれは階級社会で発展したゴルフの、自分達の身分を主張するための名残りだ。ネクタイにブレザーやニッカポッカスタイルのゴルファーがほとんど見受けられなくなったように、襟の話題もいつしか世界中から忘れられるだろう。もっとも時代や地域、年令や体型に応じたゴルフのお洒落にはいつもこだわり続けていきたいものだが…(笑)。」

ゴルフを通して世界を見つめる。
民族・宗教・文化を越えてゴルフは相互理解のための世界共通語。「GOLF IS MY LIFE」と言い切るマレーシア・サバゴルフ協会(SGA:加盟コース19)の会長MR.PAUL VOONとの交流は深夜まで続いた。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

ゴルフ王国 マレーシア PART1 その歴史

malaysia_01malaysia_02
malaysia_03malaysia_04

1枚目:ロイヤルセランゴールGC(36H/13,301Y/P143) / 2枚目:クアラルンプールのシンボル、ペトロナスツインタワー
3枚目:’99ワールドカップ開催のマインズリゾートGC(18H/6,810Y/P72) / 4枚目:J.二クラスの傑作、ボルネオゴルフ&CC(18H/7,162Y/P72)
ALL Photos by T.SHIMAZU

マレーシアのゴルフの歴史は日本より8年古く、1893年首都クアラルンプールのROYAL SELANGOR GOLF CLUBの開場から始まる。マレーシア経済のシンボル、世界一の高層ビル、ペトロナスツインタワー(452M)や一流ブランド店が軒を並べるKLCC(クアラルンプールシティーセンター)からわずか5分、ちょうど日比谷公園のような場所に108年の歴史が刻まれている。環状線タンザック通りに面した外門を抜けて森の中へと続くアプローチを進むと、ツタの葉に覆われた古(いにしえ)のクラブハウスが現われる。中には至る所に記念カップや優勝ボードが所狭しと並べられ、レストランに掲げられた巨大な木彫りのクラチャンボードは圧巻、まさにマレーシアゴルフ博物館だ。

コースはオールド・ニューの各18ホールとスレーメンと呼ばれる9ホールのパー3コースからなり、フラットな林間コースで1プレーヤー、1キャディーもしくは手引きカートによるセルフプレーだ。池やクリークは望むべくもないが、大きくせりだした大樹や右に左にドッグレッグしたレイアウトとバンカーが、パーシモントとヒッコリーシャフト時代の優雅なゴルフを思い出させてくれる。

1957年にイギリスから独立したマレーシアは、歴代の首相が44年間でたったの4人、20年間に渡って強力なリーダーシップを発揮するマハティール首相のもと、‘97年のアジア通貨危機もはね返し、2000年のGDP成長率は8.5%を記録した。人口は2,200万人、公用語は英語ながらこの国の人々のほとんどはバイリンガル。多くの異なった人種・宗教の壁を乗り越えて、マレー語、中国語、タミール語など複数の言語を使い分けながら共存・繁栄の道をめざしている。

日本に対してもとても友好的、‘80年代初頭からの「ルックイースト」政策によって人材育成・産業振興のために多くの留学生を日本に送り出し、相互理解を深めながら過去の不幸な関係も払拭されようとしている。始めてこの国を訪れた‘98年、ペナンブリッジを渡りながら地元のタクシードライバーが
「亡くなった親父が、戦時中日本人が建てた学校のことを感謝していた。」
とカタコトの英語で話してくれたことを思い出した。

20世紀に入ると英国人が住み付いた至る所にゴルフ場が出現した。キャメロンハイランドやフレーザーヒルズなどの避暑地のほか、ジョージタウン(ペナン島)やクアラルンプールに、そして母国・英国の伝統がマレーシアゴルフにも脈々と息付いている。‘90年代に入ってマラッカ・ランカウイ・コタキナバル(ボルネオ)などに新しいリゾートコースが開場し、現在では210のコースに30万人のゴルフ人口だ。

この国のほとんどのコースは2人乗乗用カートによるセルフプレー。距離表示がオーストラリア・ニュージーランド同様、メートル表示のみのコースもあるので慣れないと混乱するが、フェアウェイ乗入可能なコースも数多く、概ね快適なラウンドが楽しめる。

一部のコースでは伝統的に、巾の広い硬い葉のカウグラス(日本名:牛草)がフェアウェイ・グリーンに残っているが、徐々にバーミューダグラスに変更されている。‘99年タイガー・オメーラのアメリカチームが23アンダーでぶっちぎったワールドカップ開催のMINES RESORTS GOLF CLUB(R.T.ジョーンズJr.設計‘95年開場)やBORNEO GOLF&COUNTRY CLUB(J.ニクラス設計‘96年開場)など、日本でもめったにお目にかかれない程上質なレイアウトと高速グリーンの美しいコースも誕生した。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ