アジアのゴルフ王国(タイランド編) Part1

winner04

旅行業界10年。ゴルフツアーに特化して約7年。振りかえればさまざまな国のさまざまなゴルフ場を見てきた。しかもここ1~2年は東南アジアを扱う事が非常に多く、マレーシアやシンガポール、中国、台湾等・・・添乗や視察で訪問してきた。が、しかし何故かおじさま達の楽園(?)“タイランド”には縁がなく今回5/27~6/1 タイ政府観光庁主催「第5回タイランド ゴルフマート2002」が僕のタイ初上陸となった。

DAY1. 5月27日(月)

成田よりタイ国際航空直行便で約6時間(月曜日のフライトにもかかわらず機内は相変わらず満席!)、バンコク・ドンムアン国際空港に着陸寸前、窓側に座っていた僕の視界に、黄色のフラッグが目に入った。なんと滑走路の直ぐ横に、ゴルフ場が・・。あまりの近さにびっくり!これが僕のタイゴルフ場初対面だった。(コース名:不明)。一行バスに乗り込み一路ホテルへ。やはり市内の渋滞がすごいかと思いきや、約40分で到着。聞くと5/27はタイの祭日との事。平日のしかも朝夕方のラッシュアワーはひどい渋滞になるらしく、ガイドさんに空港~ホテル間どれくらいかかるのか質問すると、流暢な日本語で「2ジカンカカルコトモアリマ~ス。」

本日の夕食は市内の海鮮レストラン“LONG LIVE THE KING”。 電飾ピカピカの入り口を入るとダイエーの食品売り場程のスペースに所狭しと魚介類が並べられており、ウェイトレスらしき黒服の女性を引き連れ、アレ、コレ、と指差し注文、買い物籠に入れてレジにて精算。後は入り口付近にあるキッチンスタジアムにて調理はお任せ。SHINHAビール(タイビール)と新鮮なシーフードをたらふく食べて、お一人様3,000円程度と安い!

DAY2. 5月28日(火)

4:30amモーニングコール(ホテルの手違いで4:00に鳴る) 市内より南東に車で約50分。93年開場の“ホワイトシャーク・G.ノーマン”設計のTHANA CITY GOLF & COUNTRY CLUB(18H 6,905Y P72)に到着。高層の高級コンドミニアムがゴルフ場を囲むように立ち並び、白をベースにしたコロニアル調のクラブハウスの隣にはコンベンション施設や巨大なプール、理容室、ラウンド後の足裏マッサージ室など、“シティ”をコンセプトとして開発されている。

7:00amショットガンスタートによる250名(1ホールあたりファイブサム×3組)がいっせいにティーショット! 超どフラットで池とクリークが毎ホールに絡む設計は、コースを知らない者にとって予期せぬハザードにハマりやすいが、フェアウェイは広々し、アンジュレーションもなく、またコース内のいたるところに真っ赤なブーゲンビリアが咲き乱れており、肩の力を抜いて気楽にラウンドを楽しみたいコースである。メモリアルホールは3番ホールPAR5 遠くに霞むコンドミニアム目掛けて豪快にティーショット。2オンは無理として3打目の池越ショットは間近かに迫ったコンドミニアムの7階付近めがけて、スピンを利かせたショットが必要だ。

タイの5月は暑期(気温35度) 所要時間6時間30分の過酷な死闘がおわり、一切の賞典(優勝 南アフリカ グロス77)にも絡まず残念ではあるが、コンディション上々のタイゴルフを満喫し、明日からのホアヒンラウンドの期待が膨らんだ。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

ボルネオゴルフツアー紀行 (3)

2月4日(月)成田発10:30マンデーボルネオにな・な・なんと雑誌でお馴染みの有名クラブデザイナー竹林隆光さん御一行様11名様、計19名様が無事日本からボルネオに到着しました。

竹林さんは去年もフォーティーン(竹林さんのブランド)の研修会をボルネオで行ないゴルフ研修会に大変素晴らしい環境だったので今年も引き続きチョイスをして頂いた次第です。1月31日(木)からボルネオに入っていた僕は肌がこんがりと焼けていていかにも現地人だったのか、あれっこっちに住んでいるの?駐在決定?と言われ久しぶりの再会にも関わらず昨日会ったかの様に再会した。

研修会の主な内容としてはゴルフプレー(1日1.5ラウンド)だが今年発売の新作クラブの試打会も兼ねているようだ。3日間ともOne dayトーナメントを行ない終了後、結果発表。スコアを聞いてビックリ!!優勝スコアが72や73、かなりハイレベルの戦いだったようだ。夕食は前回紹介した海王城に行き大変喜んで頂きました。(初日は私も参加させて頂き2位に食い込んだ。37,38の75でした。)

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

日本体育大学ゴルフ部マラッカ合宿1

2月18日(月)~3月1日(金)の日程で日本体育大学ゴルフ部の合宿をマレーシアマラッカ州アフォモサゴルフリゾートで行ないました。

大学の合宿を提案、企画するに当って担当の横山は世界に通用する人材育成をサポートして行きたいと思い、部員のゴルフ技術の向上、充実した環境、メンタル面の鍛錬に最適な地マラッカ州アフォモサゴルフリゾートを日本体育大学ゴルフ部の沼田監督にお薦めしました。監督は人材育成に大変情熱を持っておられ自分自身もこの企画にかなり気合が入っていました。

マラッカは15世紀後半ポルトガル、オランダ、イギリスの統治下であり、未だ建造物を残し、首都クアラルンプールは近代都市へと発展し高層ビルが林立し、IT産業を中心に急成長している。海外で合宿する事でグローバルな教養を備えた選手を育成する事が出来、日本では考えられないゴルフ環境までもが整っている。

使用宿泊先はアフォモサリゾートホテル(ホテル、コンドミニアム、ヴィラから成る宿泊施設は最大1300名の収容人数を誇る。)利用ゴルフ場は宿泊しているアフォモサゴルフリゾート(以下アフォモサはマラッカで唯一のリゾートゴルフコース。オーストラリア人のロス・C・ワトソンによって設計され自然の起伏を巧みに利用し池などを効果的にレイアウト。) 、ティアラマラッカG&CC(以下ティアラは二ルソン・ライト・ハワースによって設計され美しい樹林を見下ろしながらティーオフし、美しい自然に湖をクロスしながらのプレイが出来る。レイクコースは大小の池が沢山あり、そのサイドには熱帯雨林が横たわり自然のスロープを利用した、アンジュレーションのあるコース。) 、オルナG&CC(以下オルナはアンディー・ダイによって設計されマラッカのゴルフコースの中では1番新しい。コースは見かけよりも難しく特にイースト、ウエストコースはフェア-ウェイが狭く、グリーンのアンジュレーションがきつい。又、クラブハウスは丘の上にあり、コース全体が見渡せる。) の3コース。

3コースとも27ホールありアフォモサとオルナは今年のアジアンPGAのQ‐school会場でもあった。素晴らしい気候、施設、環境の中、日本体育大学ゴルフ部の合宿が始まった。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ