ボルネオゴルフツアー紀行 (4)

今回はボルネオのキング加藤と第6回マレーシア航空杯&21日からのサポートをしにまたまたボルネオに来ちゃいました。今年に入って4回目、日本とボルネオの滞在期間が半分半分になっている今日この頃・・・。本当にこのまま駐在しそうな勢いである。

人数的には第5回と差ほど替わりは無いが楽しい事件が勃発しまくりで自分としてはとても楽しいサポート役でした。まず、金森さん&染谷さん彼らは何と!3泊5日の日程にも関わらず81ホールプレイしてしまった。是はJ&Sの新記録樹立である。2人に拍手。パチパチパチ。小倉さん、遠藤さん、石嶋さん、彼ら3人の平均年齢はな、な、何と76歳。コンペを含めてきっちり3プレイ。この年齢でゴルフが出来る喜びと仲間がいる事に私は感動した。平澤角治さん。シニアトップアマチュアで勿論今回のべスグロ。優勝はしなかったがスコア74本当に上手かったです。米田昌弘さんは第5回にも参加して頂き5位入賞。今回も2位に入りきっちり賞品をGETして帰って行きました。森浩孝さんは唯一我々スタッフと同じ日程(6泊8日)で参加。さすがに最後の日はかなり疲れていた様子だった。何しろ、6プレイプラスナイターゴルフをやったそうです。本当にお疲れ様でした!! そして今回の優勝者は、、、橋本謙さんおめでとう御座います。前半44後半38グロス82ネット71.2。今回福岡から参加して頂き大変喜んで頂きました。

トーナメントの次の日皆さんの希望でもう1日コンペをやったのですが、今度は奥さんが優勝。優勝賞金???GET。旦那さんが上手だと奥さんも上手なんですかね。ちなみに平澤さんの奥さんは3位でした。橋本さんにはペアで行くボルネオ往復航空券が送られました。帰ってきてね~~。

《結果報告:第6回マレーシア航空杯メモリアルトーナメント》
順位    名前      グロス  ハンディ  ネット
優勝 :  橋本 謙    82   10.8  71.2
準優勝:  米田 昌弘   86   14.4  71.6
3位 :  森 浩孝    96   24.0  72.0
4位 :  平澤 角治   74    1.2  72.8
5位 :  大島 桂子   94   20.4  73.6
投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

マレーシアゴルフ3(ビーチリゾート隣接型/ザ・GCダタイ・ベイ)

 クアラルンプールより空路1時間、ペナン島のさらに北に位置するランカウイ島。アンダマン海を隔ててタイのプーケット島が目と鼻の先にあるマレーシアの最北端の島、この小島にも実はアジアを代表する屈指のゴルフコースがある。

 鬱蒼と繁ったジャングルを走り続けるとあたりは真っ暗,少々不安を感じたその時目の前にマレー建築の巨大な屋根が出現した。ここが今日の宿泊先であるジ・アンダマン・ホテルである。

 あたりはうす暗くホテルの入り口のぼんやりとした明かりを抜けると、自分の声がこだまするほどの大きなロビーが広がっている。さすが1998年『マレーシア・ホテルアワード』を受賞したホテルである。夜は日本食『鴨川』でノルウェー産サーモンに舌打ちし、明日のプレイに備え熟睡を試みるが、あまりの静けさに自分の寝息で目が覚める有様だった。小鳥のさえずり目を覚ました翌朝、窓から外を眺めてると、何と目の前は真っ青な海が広がっているではないか。

 シャトルバスで5分、ザ・ゴルフクラブ・ダタイベイ(95年開場:18ホール、E・G・パースロー設計)のクラブハウスに向かう。あいにく朝から小雨&霧模様である。

 コースは適度なアップダウン、バンカーや池、ダブルクリークなど各ホールそれぞれ特徴があってプレーヤーを飽きさせない。そして、何と19番ホール(海越えのパー3)なるエキストラホールを用意して、日替わりでコースを入れ替えるなどの工夫が心憎い。

 欧州各国からのツーリストが約6割で日本人はまだ1割ほどとか。都会の喧騒から逃れ心も体もリフレッシュ、静寂な南海の小島でのんびりゴルフ。こんな贅沢は、ここザ・ゴルフクラブ・ダタイベイならではだ。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ