第44回 ダンロップフェニックストーナメント 全米オープンチャンピオン “ブルックス・ケプカ” 凱旋来日決定!

 来る11月16日(木)~19日(日) の日程で開催されるダンロップフェニックストーナメントにディフェンディングチャンピオン “ブルックス・ケプカ” が出場することが発表された。ブルックス・ケプカは本年の全米オープン(6/12-18エリンヒルズCC)で松山英樹を下してメジャー初制覇。

 “宮崎はメジャー制覇の登竜門”。古くはセベ・バレステロスやアーニー・エルス、最近ではジミー・ウォーカーやジョーダン・スピースなど初来日の翌年にメジャー初制覇の伝説がまたひとつ証明されたのである。

 さらにその後8月の全米プロではジャスティン・トーマスも加わって本年はメジャーチャンピオン4人全員が宮崎参戦経験者という画期的な年となった。

第81回 マスターズ(4月) 第117回 全米オープン(6月) 第146年 全英オープン(7月) 第99回 全米プロ(8月)
セルヒオ・ガルシア
1999年DPT 第2位
ブルックス・ケプカ
2016年DPT 優勝
ジョーダン・スピース
2014年DPT 第3位
ジャスティン・トーマス
2016年DPT 第4位

DPT: ダンロップ・フェニックス・トーナメント

 全米オープン以来のブルックス・ケプカとのリベンジ対決を楽しみに2014チャンピオン松山英樹の1日も早い参戦決定の報が待たれる。

島津隆司(日本ゴルフジャーナリズム協会 法人会員)

■関連旅行企画
2017 ダンロップフェニックストーナメント 第29回 JS観戦&プレイツアー

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

本物を探して… アイリッシュリンクスレポート

アイルランドはスコットランドと並ぶゴルフのふるさとです。南西部の断崖絶壁の続く海岸線に、120年の歳月を超えて横たわる歴史と感動のリンクスコースを中心に、珠玉の情景の数々を最新の撮り下ろし画像でご紹介します。

島津隆司

撮影 島津隆司(日本ゴルフジャーナリスト協会法人会員)
Photo by TAKASHI SHIMAZU
撮影日 2017/4/24~28
協力 アイルランド政府観光庁

1892年、伝説のプレーヤー トム・モリスの設計により開場したラヒンチゴルフクラブは、その後1927年に巨匠アリスター・マッケンジー博士により改修され、圧巻のスペクタクルコースとなった。


トム・ワトソンがこよなく愛したバリーバニオンゴルフクラブ。アイルランドランキングNO.1の1893年開場オールドコース(18H 6,802Y P72)のほか、1981年にはR.T.ジョーンズシニア設計のキャシンコース(18H 6,306Y P71)も開場した。


■関連旅行企画
アイルランドゴルフ紀行9日間5ラウンド

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

ジェットゴルフ新旅行商品(2017年7月)

ジェットゴルフ追加旅行商品をご紹介します。

いよいよ商品ラインアップは秋から冬へ。海外ではアイルランドゴルフ紀行を用意いたしました。断崖絶壁のリンクスゴルフは格別です。国内は宮崎のトーナメント観戦&ゴルフ、紅葉ゴルフを企画しております。この機会に旅のゴルフはいかがですか? 心よりお待ちしております。

■海外
» アイルランドゴルフ紀行9日間5ランド
» ジェットゴルフ海外 2017秋の海外ツアー特集 ペブルビーチ・ハワイ・グアム・ベトナム・台湾・タイ
» ラスベガス メスキートゴルフ7日間3ラウンド
» 第12回 JSメモリアルハワイ タートルベイ&ワイキキ6日間3ラウンド

■国内
» 2017 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 第13回 JS観戦&プレイツアー
» 2017 ダンロップフェニックストーナメント 第29回 JS観戦&プレイツアー
» フェニックス PET&ゴルフ 2日間
» クラブフロア プレミアム フェニックス 3 日間 2ラウンド
» 青森カントリークラブ・夏泊ゴルフリンクス 2ラウンド 3日
» 宮城秋保温泉ステイ 利府ゴルフ倶楽部・東蔵王ゴルフ倶楽部 2ラウンド3日
» X’mas in パサージュ琴海アイランド
» 紅葉とゴルフの旅
» スポニチゴルファーズ倶楽部タイアップイベント 小野ゴルフ倶楽部&鳴尾ゴルフ倶楽部 2ラウンド 3日

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

ジェットゴルフ TV CM ハワイクルーズ・アイルランド

ゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」で現在放映中のジェットゴルフTV CMをご紹介します。ツアー詳細は旅行企画詳細ページをご覧ください。

» 旅行企画詳細:ハワイ4島クルーズゴルフツアー

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

ありがとう! 松山英樹 おめでとう!! ブルックス・ケプカ 神話のふるさと宮崎にまたひとつ伝説が…

 第117回全米オープンは惜敗ながら、松山英樹が久しぶりに見せた圧巻のサンデーバックナインで、残るメジャー全英・全米プロへと日本人初制覇への夢を繋いでくれた。

 ところでここのところのメジャー大会の優勝者の顔ぶれと43回の歴史を刻む宮崎のダンロップフェニックストーナメントとの浅からぬ因縁について改めて記しておきたい。

2014年に初参戦し、4日間共優勝者松山英樹とラウンドしたジョーダン・スピースは翌年のマスターズ、全米オープンを連覇した。

2015年初参戦のジミー・ウォーカーは翌年の全米プロを、そして2016ディフェンディングチャンピオンブルックス・ケプカは見事今年の全米オープンを初制覇したのである。

 昨年11月、本件についての記事を執筆した。

宮崎から世界へ…ダンロップフェニックストーナメントはメジャー制覇への登竜門

 第43回ダンロップフェニックストーナメントは、去る11月20日世界ランク21位のブルックス・ケプカが大会記録21アンダーで初優勝を遂げたが、賞金王のかかった池田勇太の猛追で最後まで盛り上がった好ゲームであった。

 このトーナメントの優勝者35人(複数回除く)の内メジャーチャンピオンは13人、古くは’77セベ・バレステロス、’93アーニー・エルス、’99トーマス・ビヨーン、’06パトリーグ・ハリントン、最近では’14ジョーダン・スピース、’15ジミー・ウォーカーが宮崎初参戦の翌年または翌々年に初メジャーを制している事実は単に偶然とは思えない。

 大勢のメジャーチャンピオンを輩出してまさに「宮崎から世界へ」、メジャー登竜門のひとつとなっているのである。

(後略)

 そして半年後、今年もまた宮崎から新たなメジャーチャンピオンが誕生した。神話のふるさと宮崎にまたひとつ新たな伝説が加わったのである!

2014松山英樹 2015宮里優作 2016ブルックスケプカなど5人のメジャーチャンピオンを含む優勝写真が2Fレストラン前廊下に並ぶ
島津隆司 日本ゴルフジャーナリスト協会法人会員
投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ