bintan_01 bintan_02 bintan_03 bintan_04 bintan_05

1枚目:ビンタンラグーン イアンベーカーフィンチ・ウッドランドコース(18H/6,217M/P72/’96年開場)
2枚目:ビンタンラグーン J.二クラス・シービューコースNO.9ホール(18H/6,532M/P72/’96年開場)
3枚目:ビンタンラグーン J.二クラス・シービューコースNO.12ホール
4枚目:ビンタンラグーンリゾート・ホテルセドナのロビー
5枚目:今回のゴルフ探検隊メンバーとインドネシアンのキャディー
ALL Photos by T.SHIMAZU

成田・関空・名古屋・福岡・広島など日本各地の空港から各社のダイレクト便で6~7時間のシンガポール。世界のベストエアポートに選ばれたこともあるチャンギ国際空港から美しい街並を抜けて10分、タナメラフェリーターミナルに到着する。凪のシンガポール海峡を1日に5~7往復、300人乗りの高速フェリーで45分も乗るともうそこはインドネシア領ビンタン島だ。

1日に2回も通関するのでちょっと面食うが、手続は至って簡単。観光の60日までの滞在ならビザは不要、但しパスポートの残存期間が6ヶ月以上残っていることが必要だ。時差もシンガポールは日本からマイナス1時間、ビンタン島は2時間の気軽さだ。

島の面積は日本の淡路島を2倍にした位、北東部に‘90年からシンガポールとインドネシアの両政府が共同開発したビンタンラグーンゴルフ&マリーンリゾートが広がる。8つの高級ホテルに加えて‘99年にはJACK NICKLAUS , IAN BAKER FINCH , GARY PLAYER それに GREG NORMAN と世界のスーパースターが設計した4コース計81ホールが勢揃い、トロピカルゴルフリゾートが本格始動した。

その内のひとつ、ビンタンラグーナリゾート・ホテルセドナに泊る。全416室の客室にタラソテラピーが楽しめるスパやマリンスポーツ施設、食事もチャイニーズから地中海料理、それに和食レストランの「都」もあるので長期滞在にも困らない。

クラブハウスはホテルの目の前、徒歩で行けるのが嬉しい。べーカー・フィンチとニクラスの36ホールが今日のターゲット。あいにくの曇り空なので、撮影は程々にして取り敢えずべーカー・フィンチのウッドランドコースに 挑戦だ。

高台のスターティングホールには贅沢にもBLACK , GOLD , BLUE , WHITE , REDと5面のティーインググランドが用意され、スコアカードにはそれぞれ対応のハンディキャップ・コースレートが記されているなどゴルフに対してとても親切で真面目、思わず襟を正したくなる。

M     RATING   HDCP
□BLACK  6,217M     73.2    6&below
□GOLD   5,980M     72.0    7 to 12
□BLUE   5,562M     69.9    13 to 18
□WHITE   5,168M     67.9    19 to above
□RED    4,404M     68.2    Ladies
(残念ながらYARDではない)

水絡みのホールこそ少ないがバンカーが要所を締め、高低差を巧みに使ってフェアウェイを右に左に傾斜させながら、玉筋を鋭く要求してくる難コース。べーカー・フィンチのショットバリュ-へのこだわりに敬服だ。

午後からはJ.ニクラスのシービューコースにトライ。アウトは駄作と流していたら、晴れ上がってきた9番ホールからがいよいよジャックの登場だ。高台のティーグラから望む赤いクラブハウスとはるか南シナ海の水平線、小さなグリーン目ざしてブルーティーから322ヤードを豪快に打ち下していく10番ホールなど、パワーヒッターには堪えられない旅の思い出。夕陽の美しいシーサイドの12番ホールまでメモリアルホールが続く。

2人乗りカートに1人ずつのキャディー、20才前後のインドネシアンは素朴で愛くるしい。どうやらシンガポール駐在の日本人が週末に日帰りで訪れるらしく、カタコトの日本語を話すので旅のゴルフの良きパートナーになってくれる。

一年中、日中の平均気温は30゚前後ながら潮風が気持ち良いので1日に2ラウンドも充分イケル。南の島のスーパースターに挑戦、心地良い緊張感は翌日も続いた…。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

コメントは受け付けていません。