アメリカ西海岸の代表的なゴルフリゾートと言えばペブルビーチリゾートですが、ロサンゼルス近郊にもペブルに匹敵するゴルフリゾートがあります。
ロサンゼルス国際空港から車で約50分に位置するニューポートビーチの、リゾート・アット・ペリカンヒルがそこ。
元々1993年に開場したT・ファジオ設計のペリカンヒルGC・オーシャンサウスコースとオーシャンノースコースがあり、その近隣に高級邸宅が立ち並ぶリッチエリアでしたが、
2008年にバンガローと呼ばれる戸建コンドミニアムがオープンし、2つのゴルフ場を持つ5つ星のトータルゴルフリゾートになりました。
ペリカンヒルGCはそのバンガローの新設と同時期に改装を行っており、2008年にリニューアルオープン。海が絡むホールがよりドラマチックに改装されています。
T・ファジオのコースは、崖越えのパー4をオールキャリーのフェードで攻めるのがベストルート、みたいな主旨のホールが名物ホールになるコースが多いと個人的には思いますが、このコースもまさにそんな感じ。
太平洋に沈みかける太陽の眩しさが清々しい!アスリートゴルファーも、リゾートゴルファーも楽しめるコース。
2010年の年末年始にツアーで行きましたが、ロサンゼルスに行って、このコースを素通りして帰るのは実に勿体ないコースであることを確認して参りましたので、次のロス滞在の際には、是非一度。


 

Hikaru Yakushiji

投稿日:   作成者: yakushiji   カテゴリー: スタッフブログ

コメントは受け付けていません。