第117回全米オープンは惜敗ながら、松山英樹が久しぶりに見せた圧巻のサンデーバックナインで、残るメジャー全英・全米プロへと日本人初制覇への夢を繋いでくれた。

 ところでここのところのメジャー大会の優勝者の顔ぶれと43回の歴史を刻む宮崎のダンロップフェニックストーナメントとの浅からぬ因縁について改めて記しておきたい。

2014年に初参戦し、4日間共優勝者松山英樹とラウンドしたジョーダン・スピースは翌年のマスターズ、全米オープンを連覇した。

2015年初参戦のジミー・ウォーカーは翌年の全米プロを、そして2016ディフェンディングチャンピオンブルックス・ケプカは見事今年の全米オープンを初制覇したのである。

 昨年11月、本件についての記事を執筆した。

宮崎から世界へ…ダンロップフェニックストーナメントはメジャー制覇への登竜門

 第43回ダンロップフェニックストーナメントは、去る11月20日世界ランク21位のブルックス・ケプカが大会記録21アンダーで初優勝を遂げたが、賞金王のかかった池田勇太の猛追で最後まで盛り上がった好ゲームであった。

 このトーナメントの優勝者35人(複数回除く)の内メジャーチャンピオンは13人、古くは’77セベ・バレステロス、’93アーニー・エルス、’99トーマス・ビヨーン、’06パトリーグ・ハリントン、最近では’14ジョーダン・スピース、’15ジミー・ウォーカーが宮崎初参戦の翌年または翌々年に初メジャーを制している事実は単に偶然とは思えない。

 大勢のメジャーチャンピオンを輩出してまさに「宮崎から世界へ」、メジャー登竜門のひとつとなっているのである。

(後略)

 そして半年後、今年もまた宮崎から新たなメジャーチャンピオンが誕生した。神話のふるさと宮崎にまたひとつ新たな伝説が加わったのである!

2014松山英樹 2015宮里優作 2016ブルックスケプカなど5人のメジャーチャンピオンを含む優勝写真が2Fレストラン前廊下に並ぶ
島津隆司 日本ゴルフジャーナリスト協会法人会員
投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

コメントは受け付けていません。