来る11月16日(木)~19日(日) の日程で開催されるダンロップフェニックストーナメントにディフェンディングチャンピオン “ブルックス・ケプカ” が出場することが発表された。ブルックス・ケプカは本年の全米オープン(6/12-18エリンヒルズCC)で松山英樹を下してメジャー初制覇。

 “宮崎はメジャー制覇の登竜門”。古くはセベ・バレステロスやアーニー・エルス、最近ではジミー・ウォーカーやジョーダン・スピースなど初来日の翌年にメジャー初制覇の伝説がまたひとつ証明されたのである。

 さらにその後8月の全米プロではジャスティン・トーマスも加わって本年はメジャーチャンピオン4人全員が宮崎参戦経験者という画期的な年となった。

第81回 マスターズ(4月) 第117回 全米オープン(6月) 第146年 全英オープン(7月) 第99回 全米プロ(8月)
セルヒオ・ガルシア
1999年DPT 第2位
ブルックス・ケプカ
2016年DPT 優勝
ジョーダン・スピース
2014年DPT 第3位
ジャスティン・トーマス
2016年DPT 第4位

DPT: ダンロップ・フェニックス・トーナメント

 全米オープン以来のブルックス・ケプカとのリベンジ対決を楽しみに2014チャンピオン松山英樹の1日も早い参戦決定の報が待たれる。

島津隆司(日本ゴルフジャーナリズム協会 法人会員)

■関連旅行企画
2017 ダンロップフェニックストーナメント 第29回 JS観戦&プレイツアー

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

コメントは受け付けていません。