マレーシア・ロングステイ&不動産情報

» 第1回マレーシア・ロングスティ&不動産・オンラインセミナー 開催
2006年から13年連続「日本人が住みたい国・第1位」に選ばれているマレーシア。ロングスティと不動産仲介で長年実績を積んだコスモス・プラン社の石原代表を講師に招き、第1回マレーシア・ロングスティ&不動産・オンラインセミナーを開催致しますので、ご興味ある方は奮ってご参加お待ちしております。
●日時:2020年8月27日(木) 15:00~16:30 ●参加費無料 ●事前申し込み必要

 

» 進化し続ける近代都市・クアラルンプール
地元では「KL(ケーエル)」の愛称で親しまれる首都・クアラルンプール。「川の交わるところ」という意味のマレー語を語源に持ち、1800年代に錫鉱山の発見と共に発展しました。旧クアラルンプール駅を中心に広がる英国統治時代の美しい建築物とペトロナスツインタワーをはじめとする近代建築と自然が見事に調和された美しい都市です。市内は交通機関が充実しており、主な観光スポットへは公共交通でアクセスが可能です。

 

 

●交通
クアラルンプール国際空港からは、東南アジアのハブとしてマレーシア国内外に多くの直行便が就航しています。又、格安航空会社のエアアジアはクアラルンプールを拠点としており、羽田、中部、関空までの直行便も運行されています。東南アジアやオセアニアへ旅行するには、クアラルンプールを拠点とすると大変便利で経済的です。

 

 

●日本との関わり
立派な日本人会組織。1970年代以降多くの日系企業がクアラルンプール周辺に進出し、現在1万人を超える日本人が生活しています。日本人会の中には70を超えるサークル活動があり、日本人シニアのロングステイや定住者を積極的に受け入れています。

●社会
多民族社会です。マレー系6割強、中国系3割弱、インド系1割と各種民族文化、言語が混在する社会です。イスラム系のマレー人が多いのがクアラルンプールの特徴です。

●ショッピング
買い物天国。ジャスコ、伊勢丹、そごう等の日系スーパーやデパートも数多くあり、日本と変わらない様な買い物が楽しめます。スイスの銀行で最近の調査でクアラルンプールは、世界で最も物価の安い首都に選ばれています。コンサート等の文化活動にも事欠きません。

 

 

 

●気候
気候は一年中常夏で、朝の最低気温が22~23度、日中の最高気温で32~34度程度。日本の夏の様な蒸し暑さはありません。クアラルンプールは盆地に位置している事もあり、雨や雷が多いのが特徴です。

 

 

 

●医療関連
マレーシアの病院の施設、医療水準は、日本の専門家の意見でも十分に日本の地方都市レベルと言います。医師は英国、シンガポール、米国で教育を受けた人も多く、日本の大学を卒業した先生も数名おり、最新の医療事情にも詳しいと言えます。大きな総合病院では、検査装置も最新のものを揃えて所が多く、診断の分野でもかなり信頼出来ると言えます。

 

●ゴルフ
クアラルンプールには毎年PGAツアー・欧州・アジアンツアーなどのトーナメント開催コース含め約30コースあります。
お勧めコース↓
⛳TPCクアラルンプール
イーストコース 18H 6614Y P71
ウエストコース 18H 6957Y P72

毎年、米PGAツアー・CIMBクラシック開催のウエストコースと米LPGAツアー・サイムダービー開催のKLを代表するコースです。

 

 

⛳マインズリゾート&カントリークラブ 
18H 6,533Y P72 設計R.T.ジョーンズJr.

当時、世界最大の錫鉱山跡に造られたコースは、1998年タイガー・ウッズの優勝で沸いたゴルフワールドカップ開催で世界に知られる事となりました。

 

 

⛳グレンメリーゴルフ&カントリークラブ
設計マックス・ウェクスラー 1993年開場
ガーデンコース 18H 7037Y P72
バレーコース 18H 6920Y P72
広大な敷地にゆったりと36ホール配置、フェアウェイも広くビギナーから上級者まで楽しめるコースです。欧州選抜vsアジア選抜(池田勇太、谷原秀人出場)による団体戦”2018ユーラシアカップ”開催コース。

 

⛳テンプラパークカントリークラブ
18H 7143Y P72 1991年開場 尾崎将司設計

日本企業がオーナーの18ホールのゴルフ場で日本式のお風呂やレストランでは和食も楽しめます。ジャンボ尾崎の設計監修で 戦略性に富み、大きな石灰岩の岩が印象的なコースです。

 

 

コメントは受け付けていません。