canada_01canada_02canada_03

1枚目:大自然の要塞 BANFF SPRINGS GC 429Y P4
2枚目:BANFF SPRINGS HOTELとNO.14グリーン
3枚目:今回のカナダゴルフ探検隊メンバー(筆者を除く)
ALL Photos by T.SHIMAZU

9月のカナダは日中は快適ながら、朝晩はどこへ行ってももう寒い。カナディアンロッキーを眺む標高1,600Mのここアルバータ州バンフスプリングスは尚更だ。残り少ないシーズンを惜しんでか、月曜日だというのにブッキングはフルに近く、前日慌てて取ったティータイムはナント午後3時40分。

冷たく澄み切った空気の中を強烈な斜光が、高く濃密なLODGE POLE PINEの間から差し込み、長い影が幻想的な雰囲気を醸し出してきた14番ホールに辿り着いた頃時計の針はもうとっくに7時を回っていた。

そしてボク達カナダゴルフ探険隊一行4名はバンフスプリングスホテルとコースが創る大自然と歴史の圧倒的景観の前にしばし呆然となった。

小高い丘の上に中世のヨーロッパの古城をモディファイしたという、1888年創業のバンフスプリングスホテルは、その後数億ドルにも及ぶリノべーションを繰り返し客室数約800室のフェアモントホテルとなった今でもその偉容は燦然と輝いていた。

フェアウェイの無数のマウンドやバンカーにそして高い針葉樹に囲まれて、グリーンとピンフラッグが一体化してそびえ立つ様は、難攻不落のまさに要塞。これ程視覚的に尊厳性を体感させられるホールは世界中探しても数少ないだろう。まるで「鎧や甲胃を纏って手押しの大砲で古城を攻めろと言うのか!…。」そんな気分にさせられる光景だ。

後にDONALD ROSS やR.T.JONESとアメリカゴルフコース設計家協会の発起人のひとりとなったカナダ人のトップアマSTANLEY TOMPSON(1894~1952)の恐るべき想像力と、コース建設に史上初めて当時の100万$の巨費を投じて(ミリオンダラーコース)1927年に開場させたカナディアン鉄道の先見性に改めて敬服。

軽い右ドッグレッグホールなのでティーショットはフェアウェイ左サイドのベストポジションに放ったものの、右サイド前方からの斜光が余りにも強烈なのでゴーストやフレアーを避けるために右の高い樹木に添って身を潜めて前進しながら、カメラのベストショットポジションを探す。左サイドのボクのボールは当然ピックアップ、スコアカードのこのホールには[P]と記そう。

100ヤード付近にカートを停めて流れる雲の様子と相談しながらシャッターを押し続けること十数分、当然後続の2組目もパスさせようとすると、

「日没が心配です。次のホールへ進みましょう!」と同行VTRスタッフから声がかかる。

「えっ、次のホール?」

「だって、まだ14番ですよ!」

この景観と感動はどう考えてもフィニッシングホール!
ゾーンに入ってショットを続ける内に、ボクはこのホールでホールアウトするものと確信してしまっていたのだ。

でもこの謎はすぐに解けた。ナント開場の62年後、1989年に9ホールを増設して全27ホールとした設計家BILL ROBINSONは新クラブハウス建設にあたって、それまでのフィニッシングホール18番を14番に変更したという。
全く余計なことをしてくれたものだ…(笑)。

投稿日:   作成者: admin   カテゴリー: スタッフブログ

コメントは受け付けていません。