7/17から10日間の日程で第144回全英オープン観戦ツアーに計18名のお客様をご案内して参りました。 雨・風による中断で27年ぶりに最終日が月曜日になり、全英オープン5回優勝のトム・ワトソン、同じく3回優勝のニック・ファルドの全英引退試合、メジャー連勝中・ジョーダン・スピースのグランドスラムに王手をかける一戦(1打足りず)など、何かと話題の多い全英オープンでした。

大混戦の末、3人のプレーオフに突入! 2007年マスターズチャンピオン”ザック・ジョンソン”が
クラレットジャグを手にしました。個人的には2010年全英オープン優勝後にツーショット写真を撮ったルイ・ウーストハイゼンを応援しておりましたが、肝心なところでパットが決まらず・・・。
残念です。
最終日トップスタートが7:45、最終組が14:45、プレーオフで優勝決定したのが、20:30過ぎ!青空→曇り→風が強まり→寒い!→雨→更に寒い!!→青空・・・・ めまぐるしく変わる天候は選手のみならずギャラリーも大変でした。 本当にお疲れ様でした。

◯最終日が行われた月曜日(7/20)から、”17番ホール ホテル越え”のホテル(オールドコースホテル)に5連泊。もちろんオールドコースも全員プレーしました!
最終ラウンド真っ最中の15時頃、チェックインの準備にオールドコースホテルロビーに入館したところ、(ホテル入口の警備員とすったもんだしたのちの入館でした。ちなみに大会期間中は選手、R&A、大会関係者以外は入場出来ません。) フィル・ミケルソン、ベルハルト・ランガー、ウェブ・シンプソン、アダム・スコット・・・。 全英オープンを終えた選手達が続々とチェックアウトしてゆく様を目撃、夢の世界でした。 写真がないのが残念・・
またホテルの内庭から17番ホールのセカンドショットを観戦、偶然とはいえ”27年ぶり”を堪能出来ました。

火曜日からは、北海の絶景が広がる”キングスバーンズGL”、バンデベルデの悲劇”カヌースティーGL”、そして興奮醒めやまぬ”オールドコース”のプレーを皆様お楽しみ頂きました。

来年はグラスゴー近郊のロイヤルトルーンゴルフクラブで10年ぶりの開催。(2016年7/14~17)
第145回全英オープン観戦ツアーは2015年11月頃にお知らせいたします。本物の感動を是非味わってみてください!

同行添乗員: 加藤三男・澤木幸子

投稿日:   作成者: kato   カテゴリー: スタッフブログ

コメントは受け付けていません。