03-3535-5111
受付時間 月〜金: 9:30-18:00 土: 9:30-15:00
メールで送る
本ツアーは終了しました。

第145回全英オープン観戦と歴史を訪ねて8日間

第145回全英オープンを2日間観戦、来年の全英オープン開催「ロイヤルバークデールGC」と2009年トム・ワトソンの死闘が蘇る「ターンベリーGC」、そして第1回全英オープン開催の(1860年)「プレストウィックGC」を、ゴルフの歴史・文化を訪ねて…(3ラウンド、6朝・1昼・2夕食)。   旅行日程:2016年7月12日(火)〜7月19日(火) 6泊8日     (最終更新日:2016/02/16)
プレストウィックゴルフクラブ
18H 6,908Y P71 1851年開場
1860年第1回大会から1872年まで12回連続で全英オープンを開催しました。1925年を最後に全英オープンは開催しておりませんが、今でも「全英オープン誕生の地(BIRTH PLACE OF THE OPEN)」として世界中のゴルファーが憧れるコースの一つです。今年の全英オープン開催ロイヤルトゥルーンGCの隣にあります。
ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ
2016年全英オープン開催コース(9回目の開催) 18H 7,208Y P71 1878年開場 名物の8番Par3 ポステージスタンプ
ロイヤルバークデールゴルフクラブ
2017年全英オープン開催コース(過去に9回開催) 18H 6,817Y P72 1889年開場
2015年全英オープン観戦ツアー模様(セントアンドリュース)
ターンベリー・アイルサチャンピオンコース
18H 6,497Y P69 1902年開場 過去4回全英オープンを開催し、中でも2009年の59歳トム・ワトソンの死闘(プレーオフでS.シンク優勝)が今でも蘇ります。
スコットランド地図(クリックで拡大)
旅行日程 2016年7月12日(火)〜7月19日(火) 6泊8日

旅行代金

エコノミークラス 978,000
ビジネスクラス 1,398,000

●1人部屋利用追加代金 195,000円

※空港施設使用料(成田2,610円/関西3,040円)、英国空港税(30,950円)、燃油サーチャージ(20,600円/16年2月現在)が上記旅行代金の他に必要となります。

◆最少催行人員:8名
◆添乗員同行
◆食事:6朝・1昼・2夕食

[利用予定航空会社] KLMオランダ航空、英国航空のいずれか
[利用予定ホテル]チェスター(2泊):チェスターグロブナー、グラスゴー(4泊):ミレニアムホテル

旅行代金に含まれるもの
●成田・関西〜マンチェスター/グラスゴー間往復航空運賃
●全英オープン観戦券(金・日)
●6泊宿泊料(2名様1室)
●2.0Rプレー代(グリーンフィー)
●日程に明示された空港〜ホテル〜ゴルフ場間送迎料

日次・曜日 スケジュール 食事
7/12(火) 午前:成田・関西発→欧州内乗継→ 夕刻:マンチェスター着=車=チェスターグロブナー 【泊・ウェルカムディナー】
7/13(水) ホテル(朝食)=車・60分=2017年全英オープン開催
★ロイヤルバークデールGC(1.0R)11:00スタート   =【同上泊】
7/14(木) ホテル(朝食)=車=●湖水地方観光(ウィンダミア湖遊覧等)= =車=ミレニアムグラスゴー【同上泊】
7/15(金) ホテル(朝食)=車・60分=午前:☆第145回全英オープン2日目観戦
午後:★プレストウィックGC(1.0R)15:30スタート 【同上泊】
7/16(土) ホテル(朝食)=車・60分=2009年全英オープン開催
★ターンベリーGC(1.0R)12:54スタート=【同上泊】
7/17(日) ホテル(朝食)=車・60分=☆第145回全英オープン最終日観戦
<ロイヤルトゥルーンGC> 【同上泊】
7/18(月) ホテル(朝食)=車=午前:グラスゴー発→欧州内乗継→ 【機中泊】
7/19(火) 午前:成田着・関西着


旅行企画・実施
株式会社ジェットアンドスポーツ
〒104-0061 東京都中央区銀座1-18-2 タツビル 2F
観光庁長官登録旅行業 第1076号 (社)日本旅行業協会正会員 国際ゴルフツアーオペレーター協会会員

お問い合わせ・お申し込み
03-3535-5111 info@jetgolf.co.jp
詳しい旅行条件を説明したパンフレットをお渡ししますので、事前にご確認の上、お申し込みください。

Facebook
ゴルフツアーのトピックを発信中! 気に入ったら「いいね!」
ページの先頭へ