メジャートーメントの季節になり、日本にとっては今年のマスターズは「第75回大会」のメモリアル大会になりました。石川プロ・池田プロ・最年長の藤田プ ロ・そしてアジアアマチャンピオンの松山選手の4名参加でしたが 特に松山選手が日本人初のベストアマに輝き、シルバートロフィーを獲得しオーガスタを沸 かせました。
PAR3トーナメント
木 曜日からの本大会とは別に毎年水曜日の午後に開催されるこのトーナメントはオーガスタナショナルゴルフクラブの隣にあるPAR3コースで9Hで行われま す。優勝者は1番ホールの横にある記念碑に名前が刻まれます。過去には青木プロ・中島プロが優勝しその名前が刻まれています。
PAR3に優勝すると木曜日からの本大会では優勝できないとのジンクスがあり、今年もそのジンクスを破ることは出来ませんでした。ちなみに優勝は ルーク・ドナルド(-5)でした。来年はこのジンクスを破るプレーヤーが出るのでしょうか。

今年のPAR3には 石川プロと藤田プロが妹弟・息子をキャディに従え参戦。同組でヘンリック・ステンソンプロは小さなお嬢ちゃん を連れてプレイしてます。70~140yのコースのため数本のクラブ利用なので子供や孫をそして奥様をキャディにしてプレイします。木曜日からの本大会は  各プロの真剣試合を見れますが、水曜日の午後はお父さん・おじいちゃん・そしてご主人としてのやさしい一面が出てほのぼのしたトーナメントです。

オーラを出す3傑人
A・パーマー、J・ニクラス、G・プレーヤーの3人です。この3人が同じ組でプレイする姿はマスターズのパー3トーナメント
しかありません。この3人はコースも知り尽くしておりプレイの随所に笑いとプロの凄さをみせてくれますので是非一度水曜日を観戦して下さい。

 

 

 

 

 

ドライビングレンジ

2009年に新しくなったドライビングレンジは今まで利用していたレンジ2 面分を合わせた倍以上の広さがあり、スタンドのシートもクッション付なの で以前のようにお尻がいたくなることはなくなった。但し屋根がないので天気の良い日は昼ごろになると30度ぐらいになるので帽子や日焼け止めは必ず用意し たほうか良いですよ。スタンド席は空いていれば自由に利用できます。アプローチ・バンカー練習場などとても広く作っているので午前中の早い時間帯からゆっ くり見学しても楽しいですよ。

写真撮影

月曜日から水曜日までの3日間は一般の観戦者もカメラ・ビデオカメラの持込ができますのであなたのベストショットを収めて生涯の思い出を作って下さい。PAR3は本大会とはチョット違った楽しみや思い出を残せます。

投稿日:   作成者: igarashi   カテゴリー: スタッフブログ

コメントは受け付けていません。